【問題解決型デザイン】アライブ株式会社 三輪尚士&スタッフの経営・販促のヒント
問題解決型デザイン会社 アライブ株式会社 代表取締役三輪尚士のブログ「ミワヒサシの趣味と仕事に垣根なし」。販促、マーケティング、経営、デザインの観点からみなさまに役立つ情報を随時更新していきます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

「内村鑑三著 代表的日本人」を読んで

 

この本は、日本にも出てくる「内村鑑三」が、
明治時代に西洋に日本の偉人を紹介するために英語で書かれたものを
翻訳したものです。

この中に取り上げられている人物は
西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人になります。
西郷さんはみなさんも良く知っていると思いますが、
日蓮上人、二宮尊徳は名前くらいを知っていて
上杉鷹山、中江藤樹を知っている人は少ないのではないでしょうか?

例えば、上杉鷹山は、国を挙げても5両も集まらない、
破綻寸前の米沢藩の大名に17歳でなり、
徹底した倹約と農地開墾と地域特産物の奨励を行い、
30年かけて借金を返し、反対に1万両が集まるようになりました。
信念を持った「仁政」が成し遂げた結果です。

僕が歴史上で尊敬している人物の一人は上杉鷹山になりますが、
ここに取り上げられている人物に共通することは
「私欲がなく、人を裏切ることなく、心の底から素直で誠実である」であり、
私利私欲ではなく、公のために人生を投じ、ことを成し遂げた人ばかりです。

僕ら経営者や会社に置き換えると、この本の対極にいるのは、

・私利私欲で会社を運営している
・大義がなく事業を多角化する
・短期的な成果ばかりを気にする
・経営者一人が儲かれば良いと思っている
・汚いビジネスで儲けている

であり、この本に書かれているような経営者は

・公の利益を意識して会社を運営している
・社会貢献をしている
・自分のビジネスに大義がある
・長期的にビジネスを考えている
・事業に関わる人たち全てが幸せになる
・小さな欲ではなく、大義で行動する

ということになります。

最終的に、会社が大きくなっていくには、
「経営者の欲」ではなく、
「社会に対する大義」「会社の存在意義」が重要になってくると思います。
お客様から支持される、社員の定着率がいい会社も「大義がある会社」だと思います。

あなたは「欲」ではなく
「大義」で行動していますか?
「大義」が分からない場合は、この本を読むことをお勧めします。

ビジネス書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

googleから売上10億円はやって来る!

 

「Googleから売上10億円はやってくる」を読みました。
SEO対策について書かれた本ですが、
SEOの基礎が網羅されています。

この本に書かれていた役立つエッセンスを記します。

・Googleとヤフーが提携したので、今後はGoogle対策が必須
・今後はPPC広告よりSEOである
・SEOは、内部要因10、外部要因80、コンテンツ要因10で決まる。
・外部要因が80%もある
・ライバルサイトを分析せよ
・8つの内部要因評価軸で最適化する
・外部要因は5つの評価軸がある
・タイトルタグに上位表示したいワードを入れる
・メタネームキーワードタグに上位表示したいワードを入れる。3つまでが良い
・ディスクリプションは100文字以内が良い
・SEOはバックリンクにかかっている
・サテライトサイトをたくさん作るが、スパム行為的なものはダメ
・サテライトサイトはドメインは別にする。
・サテライトサイトは、内容はコピーでしてはいけない
・SEOはとても地道な作業。一番最強のSEOは手作業
・検索サイトの消費者行動は「AISAS」、ソーシャルメディアは「SIPS」
・ソーシャルメディアは、裏切らない、嘘をつかない、だまさない、良いものを提供する姿勢が重要
・中小の検索サイトもサテライトサイトとして活用する
・SEO×LPOの考えが大事である
・LPOを加速させるパンクズリストツールがある(http://www.zennihon-lpo.org/index.php/lpokuzu
・今後、1社に一つSEO対策チームを作るべきである。

ビジネス書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

零細企業のホームページが繁盛店に化けた理由

 

「零細企業のホームページが繁盛店に化けた理由」を読みました。
とても読みやすい内容だったので、
「WEBサイトで売上を上げたいけどどうしたらいいのか分からない!」
という方にぴったりだと思います。

今後、WEBを活用していく際、業者任せではなく
中小企業の社長自身もWEBを理解していくことが必須だと思います。
弊社でもそういったスタンスを推奨しています。

この本を読んで、役に立ったことを記していきたいと思います。

・ホームページのデザインが良ければ売上が上がるわけではない
・ホームページ制作会社はマーケティングや経営を知らない場合が多い
・売れるホームページは「企画段階」で決まる
・お客様目線でホームページを見て、改善する
・上位表示されないとホームページは見てもらえない
・コンテンツに魅力がないとすぐお客様は離脱する
・最終的にホームページも人と人とやりとり
・ホームページの目標、ターゲット、戦略を考える
・上位表示と成約率の両方を達成して売上が上がる
・一点集中型で商品を絞り込む
・3年後を見越したホームページを作る
・セールストークはラブレターを書くようにする
・5分であなたの長所がわかるようなホームページにする
・ホームページにストーリーを作る
・お客様の声はあった方がやっぱりいい
・代表者の写真は気合いを入れる
・メルマガはお客様の役に立つ内容を送ると感謝される





ビジネス書 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

一生かかっても知り得ない、年収1億円思考

アライブの三輪です。
 「一生かかっても知り得ない、年収1億円思考」を読みました。



この本の概要や感想ではなく、
ためになったこと、僕が記憶にとどめておきたいこと、
実践していきたいことを書き留めたいと思います。

・「稼ぐ」マインドは丁稚奉公から生まれ、育つ
 →愚直にやり続けること、まずは型を覚えることの重要性を言っていると思います。
・「青い鳥」を探そうとせず、今あるしごとを必死にがんばる
・稼げない人は数字に弱い。ビジネスは全て数字に置き換えられる。
・投資的な思考が大事。
・高尚な理想よりも、目の前の「欲」を語る若者の方が伸びる
・子供の頃の教育が稼ぐ思考を作る
・稼ぐ人はストレスの耐性がとてもある。ストレスに耐えてチャンスを作る
・会社の不振は、社長以下経営陣の責任。経営陣が腐っているから。
・人の話を聞く「素直さ」が大事
・稼ぐ人は、20代で結婚し離婚しない。家庭でエネルギーを浪費しない
・ビジネスには大義を持て!カネが儲かるだけではだめ。
・売上を上げる。これが人を一番元気にする
・無用は人であれ、モノであれすぐ切る
・人の心を動かす行動を心がける
・性格にビジネスを合わせる。性格に合わないビジネスを無理にしない
・顧客にはバラ色の将来を見せる
・事業家の誠実さは、稼いだ後で出てくるもの
・掃除、挨拶など当たり前のことを徹底する
・目上を恥をかかせない
・会社を大きくできる人は、自分は裏方に引っ込んで分身を何人も育てる
・死ぬまでの期間になにをするか?逆算して考える
・ターゲットを絞る、向かないことはしない、時には捨てる
・まずは自信を持つ
・悪いことをしたら、言い訳をせず、「ごめんなさい」と謝る
・効率より効果である

ビジネス書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

人を感動させ、ファン化させる「おもてなし経営とは?!」

 浜松市にある株式会社都田建設の代表取締役である
蓬台浩明さんの4作目にあたる今作
「おもてなし経営〜顧客を創造し続ける究極の方法」。

5月末に出版されたばかりの本ですが、
Amazonのレビューの数と得点が異常なまでに凄い。

今までの著書を含め内容を思えば当然と云えば当然であるが、凄い。

弊社は著者の蓬台さんが経営なさっている都田建設さんの
「薪ストーブ」ホームページを作製させて頂きました。

その際に一度お会いさせて頂いたのですが、
書籍のタイトルが示すように「おもてなし」が凄かったです。

私達が駐車場に到着すると、
雨の中、社員の方が傘を持って待っていてくれたのです!

そして事務所に入れば「○○さん、こんにちは!」などと
名前を事前に把握してくれているのです!

社員の方の笑顔も素敵で、まるで仏様の様でした!

私共アライブ株式会社でも
「いい会社を作ろうワークショップ」なるイベントを
毎月行っていますが、
いつかは都田建設さんを題材にワークショップを開きたいですね。

今回、本の内容紹介は全くしていませんが、
これほどまでに素晴らしい会社を作る
「43のルール」が具体的に書かれています!

建築業界という単価の高い業界ですが、
蓬台さんならどんな単価の低い小売業でも「おもてなし」できると思います。

弊社代表の三輪も心酔の一冊!


ビジネス書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Googleの検索ランキング、1位と20位のクリック率の差は?

質問です。Googleの検索ランキング、1位と20位のクリック率の差は?

おはようございます。アライブ株式会社の川口です。 


この本を読んで頂きたい方は、
 ごくごく普通の会社のホームページのご担当社様です。

 社長から「順位が上がっとらんじゃないか!」 と
 言われて困ってしまっている担当者さん、 多いのではないでしょうか? 

ちなみに冒頭の質問の答えは・・・118.3倍。
1位と2位とですら2倍もの開きがあります。

どんなに良いサイトを作っても見られないと、
お金を掛けてわざわざ作った無用の長物になってしまいます。

「上位表示が大事なのは分かっているけど、
SEOって具体的に何をすれば良いの?」
そんな悩める 担当者さんの救世主がこの本です。

この本が分かり易い理由は、
やるべき事をやるべき順に具体的に書かれているからです。
1章2章ではSEOの意義や仕組みが掲載されていて、
3章では方針の決定、その後順をおって具体的な対策がかかれています。
特に参考になるのが、7.8章で書かれている「SEO対策の運用」
「順位が下がった時の対策」。

冒頭で、読んで頂きたい方をホームページ担当者さんと書きましたが、
同じくらい読んで頂きたい方がいます。

それは、社内でWEBに関する 決裁権を持った方です。
WEBで成功している会社のほとんどが、
経営陣がWEBに対する理解を持っています。

経営陣の方々も是非読んで見て下さい!1,7章だけでも!


ビジネス書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

いい会社とは?

最近、「いい会社を作ろうセミナー」を毎月行っています。
学んでいって分かることは事はいい会社を作るには、
「人に親切」なると良さそうです。

しかし、しっかりと理解して教えようとすると、
どうしても時間がかかってしまいます。
社員が何か間違ったことをしていると、「
それ違うだろ!」みたいな感じで、有無も言わさず否定をしてしまいます。

だけど、子供に対しては「なぜ間違っていたのか?」を
子供が理解できるようにきちんと説明しようとする自分がいます。

子供には出来て、社員にできない…。
この差は、僕の心の弱さ、
単に時間がないしめんどくさいと思っている心のせいです。

本当に社員に成長して欲しいと思っているのであれば、
お互いが理解をするまでしっかりと話し合う姿勢が社長には必要だと思います。
ビジネス書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

成功するまでやり続ける 〜中小企業の経営を伸ばす考え方〜/高井法博


岐阜県下No.1の会計事務所で「社外重役」を合い言葉に
経営相談にも本気で乗っていただける頼もしい会計事務所です。

僕らも部門別会計導入や経営計画書作成、
月に1回の経営戦略会議の開催など幅広くサポートしていただいています。
その高井代表が今までビジネスを通じて得てきた経営の極意を
余すことなくしっかりと書かれた本です。

約3年前に買って、何回も読んでいますが、
読むたびに気づきを得ることができます。
このレビューを書くにあたって読み返してみると、
今回は「社員教育」の項目で気付きを得ました。

経営者の悩みは、その時その時で変化するので、
ある時はさほど気に留めなかった内容が、
読み返した時に心に響く場合があります。

そのくらいこの本には経営者の心得るべき項目が
余すことなく書かれています。
教典のように何回も見直すために
経営者のデスクの横に置いておくべき1冊です!


ビジネス書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

社員をバーベキューに行かせよう!


蓬台浩明

この本の著者、
蓬台さんとは先日の北欧視察ツアーでご一緒させていただきました。
ツアーで色々とお話をお聞きする中で、
仕事のこと、お客様のこと、地域のこと、スタッフのことをすごく考え、
またそれを行動に移している素晴らしい方だなと感銘しました。

そしてその理念が会社全体に
本当に浸透していることが分かった出来事がありました。

北欧ツアー後、蓬台さんの会社に初めてお伺い機会がありました。
すこし遅刻しそうだったので会社に電話を入れると、
僕が名前を名乗った瞬間
「16時30分にご来社予定のアライブの三輪さんですね。」と
電話に出られたスタッフの方がすぐに返答されたので、
「しっかりと教育がされているなぁ。」と感心しました。

そして、会社に着いて、
応接室に女性のスタッフの方に通されたのですが、
その方も「のび太の成長が楽しみですね。」と声をかけてくれました。
「この方も僕のブログをチェックしている!」と驚きました。

その後、蓬台さんに職場の案内をしてもらっている時、
すれ違うスタッフさんがみんな「三輪さん、こんにちは!」と
挨拶をしてきます!普通は無愛想であろう職人のおじさんもです!
20人以上の方に「三輪さん」と名前を付けて挨拶されたでしょうか、
ここまでくると驚きよりも感動を感じずはいられませんでした。

その他にも蓬台さんの理念を実現するための
姿勢や仕組みを感じることができ、
まだ僕の会社はやるべきことがたくさんある、
しっかりと細やかな目で経営をしていこうと決意しました。

どうして人を感動させる経営ができるのか?それは、
この蓬台さんの本にしっかりと書かれています。
この本に書かれていることを徹底してコツコツやり続けることで、
人々に感動を与えているのだと思います。必読です!!
ビジネス書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

バカでも年収1000万円、増刷で4万部に!

 伊藤取締役の「バカでも年収1000万円」が
増刷されてなんと4万部になりました!!!

発売一ヶ月で3回の増刷、素晴らしいペースです!


色々なところから反響大です!

僕も良く人に会うと「暴君だったんですね」と言われるようになりました…。


ビジネス書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)