【問題解決型デザイン】アライブ株式会社 三輪尚士&スタッフの経営・販促のヒント
問題解決型デザイン会社 アライブ株式会社 代表取締役三輪尚士のブログ「ミワヒサシの趣味と仕事に垣根なし」。販促、マーケティング、経営、デザインの観点からみなさまに役立つ情報を随時更新していきます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 創造的破壊の経営とは? | main | 零細企業のホームページが繁盛店に化けた理由 >>

一生かかっても知り得ない、年収1億円思考

アライブの三輪です。
 「一生かかっても知り得ない、年収1億円思考」を読みました。



この本の概要や感想ではなく、
ためになったこと、僕が記憶にとどめておきたいこと、
実践していきたいことを書き留めたいと思います。

・「稼ぐ」マインドは丁稚奉公から生まれ、育つ
 →愚直にやり続けること、まずは型を覚えることの重要性を言っていると思います。
・「青い鳥」を探そうとせず、今あるしごとを必死にがんばる
・稼げない人は数字に弱い。ビジネスは全て数字に置き換えられる。
・投資的な思考が大事。
・高尚な理想よりも、目の前の「欲」を語る若者の方が伸びる
・子供の頃の教育が稼ぐ思考を作る
・稼ぐ人はストレスの耐性がとてもある。ストレスに耐えてチャンスを作る
・会社の不振は、社長以下経営陣の責任。経営陣が腐っているから。
・人の話を聞く「素直さ」が大事
・稼ぐ人は、20代で結婚し離婚しない。家庭でエネルギーを浪費しない
・ビジネスには大義を持て!カネが儲かるだけではだめ。
・売上を上げる。これが人を一番元気にする
・無用は人であれ、モノであれすぐ切る
・人の心を動かす行動を心がける
・性格にビジネスを合わせる。性格に合わないビジネスを無理にしない
・顧客にはバラ色の将来を見せる
・事業家の誠実さは、稼いだ後で出てくるもの
・掃除、挨拶など当たり前のことを徹底する
・目上を恥をかかせない
・会社を大きくできる人は、自分は裏方に引っ込んで分身を何人も育てる
・死ぬまでの期間になにをするか?逆算して考える
・ターゲットを絞る、向かないことはしない、時には捨てる
・まずは自信を持つ
・悪いことをしたら、言い訳をせず、「ごめんなさい」と謝る
・効率より効果である

ビジネス書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする